スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

ペットボトルとウォーターサーバーの違い!ペットボトルから硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)の検出も!

輸入から国産まで幅広い種類があるのがペットボトルの水!近年では、大量買いする方も多くなっているそうです。美容や健康などの効果を期待する方も大いのですが、輸入ペットボトルや名水系のペットボトルの中には、硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)が検出されることもあるそうです。この硝酸態窒素というのは、発ガン性物質の元となるなんて指摘もある物質です。検出濃度は、まばらですが、意外と著名なペットボトルからも検出されることがあるそうです。特に驚くのは、国内産のペットボトルからも検出されていることです。意外と国内産も安全性が『??』なのかなと思ってしまいます!フレシャスウォーターでは、硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)が検出されていないわけですが、安全のために水道水ではなくペットボトルを飲んでいる方は、少し不安になりますよね!その点、フレシャスウォーターは、自宅まで運んでくれるし、意外と便利だなと思います。ちなみにウォーターサーバーの水でもメーカーによっては、硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)が検出されることがあるなんて話です!
スポンサーサイト

タグ : 硝酸態窒素, 亜硝酸態窒素,

| フレシャス 評判 | TOP↑

水道水から放射性物質が検出されて俄然注目のウォーターサーバー!

水道水から放射性ヨウ素が検出されたのをキッカケに俄然注目を集めているのがウォーターサーバー。最近では、ペットボトルの買占めが盛んにおこなわれていますが、今回ばかりはウォーターサーバーの有効性を痛感した気がします。

なおフレシャスは、専門機関に放射性物質(ヨウ素、セシウム)の汚染の有無を調べたそうです。その結果は、ヨウ素・セシウム(放射性物質)は検出されなかったそうです。そもそもフレシャスは、富士山の標高1000m地点の地下273mから採水しているそうです。

また富士山の標高1000m地点というのは開発限界区域で、これより標高の高い地点ではあらゆる開発がされていません。そのため、とてもキレイな天然水が採取できるそうです。

さらに水はキレイに越したことは無いのですが、最近は『ろ過』の一種でRO膜(Reverse Osmosis、逆浸透膜)と呼ばれるフィルターを通して水をキレイにするケースもあります。よく高額な浄水器などでは採用していることもあります。

但し、このRO膜を使ってしまうと天然水の場合、もともと含まれているミネラルまで除去してしまうため天然水そのものの美味しさが失われてしまうことがあるわけです。

フレシャスについては、RO膜を使用していないので、天然の美味しさを味わうことができるわけです。安全や衛生面でいえばRO膜を通した方がいいのですが、この辺は好みが分かれるところかもしれません。

タグ : 放射性物質, RO膜, , 天然水,

| フレシャス 評判 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

seo great banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。