スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

似たウォーターサーバー本体が多いから、水の安全も『ソレ』を基本に論じられるよね!

日本のウォーターサーバー(本体)って海外からの輸入に頼っているそうですね!そのため、似たようなサーバー本体が多いわけです。水の安全についても、それらのサーバー本体を基本に論じられるので、本当に安全かというと疑問もあったりします。飲料水試験・一般細菌試験適合の検査結果書が付いてくるわけでもないですからね!まあ、『Mizの樹』は、ウォーターサーバー1台1台に一般細菌試験適合の検査結果書が付いてくるのですが、これはあくまでも特別といえます。Mizの樹のウォーターサーバーは、国内で開発・製造をしているそうなので、従来のウォーターサーバーも矛盾をかなり改善しているわけです。

例えば天然水ならワンウェイウォーター 口コミオーケンウォーター 口コミが人気ですが、これらは同じ(もしくは似たような)ウォーターサーバー本体(次世代型のウォーターサーバーと呼ばれるヤツ)を使ってます。そのため衛生面では、無菌エアーシステムとかをPRしているわけです。

そもそも無菌エアーシステムは、ウォーターサーバー本体内のタンクに入る空気を抗菌するためのもの!PET樹脂なので、ボトル内に空気が混入することはありませんが、サーバー本体のタンクには、空気が入ってしまうのです。水の劣化は、空気に触れることが原因なので、外気の細菌や有害物質を除去するのに無菌エアーシステムが役立つという仕組みです。

でも細かいことをいえば、細菌や有害物質は、ボトルの差込口(差し込み棒)などにも溜まるそうです。さらにタンク内の底辺部にも溜まるようですね。どうも、よく見かけるウォーターサーバーは、細菌や有害物質が溜まりやすい構造ともいえるわけです。水の安全のために選んだはずのウォーターサーバーも、本当に安全かというと、少し不安な感じもしますね!
スポンサーサイト

タグ : 無菌エアーシステム, 水の安全,

| ウォーターサーバー | TOP↑

ウォーターサーバーの安全性!放射能測定のほかに一般細菌試験の検査も必要だよね!

ウォーターサーバーの水(天然水やRO水)の安全性について考えてみたいと思います。よく水源(採水地)の放射能測定検査を毎月もしくは2ヶ月に1回程度の割合で実施している会社が多いですが、それだけで水の安全は確保できるのでしょうか?本来は、これに加えて飲料水試験・一般細菌試験適合の検査結果書もつけて欲しいですね。ちなみにコレが付くウォーターサーバーは、たぶんMizの樹 口コミだけだと思います!他のウォーターサーバー、例えばRO水ならクリクラ 口コミアクアクララ 口コミとか、天然水ならコスモウォーター 口コミフレシャス 口コミなどは、一般細菌試験適合の検査結果書を求めても提出してくれない感じです。

そもそもウォーターサーバー本体は、日本の場合は海外からの輸入に頼っているそうです。Mizの樹は、国内で開発や製造をしているので、従来のウォーターサーバーのデメリット(衛生面での!)を改善したウォーターサーバー本体といえます。

特にボトル型ウォーターサーバーの場合、水溶器の取り付け口(要は差込口!)から細菌や有害物質が汚染してしまう傾向があるようです。要は、感染しやすい構造なわけです。そのため抗菌とかUV殺菌・無菌フィルターなどの衛生面をPRして安全性の高さを強調しているのです。

ただ、そんなことをする前にウォーターサーバから出た水に対する検査(飲料水試験・一般細菌試験適合の検査のこと!)をすれば良いのにとも思います。でも、この検査ができない事情があるのかもしれませんが・・・水の安全に本当にこだわるなら『Mizの樹』のちょうな、コダワリのウォーターサーバーを選ぶべきかもしれませんね!

タグ : 飲料水試験, 一般細菌試験,

| ウォーターサーバー | TOP↑

ペットボトルとウォーターサーバーの違い!ペットボトルから硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)の検出も!

輸入から国産まで幅広い種類があるのがペットボトルの水!近年では、大量買いする方も多くなっているそうです。美容や健康などの効果を期待する方も大いのですが、輸入ペットボトルや名水系のペットボトルの中には、硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)が検出されることもあるそうです。この硝酸態窒素というのは、発ガン性物質の元となるなんて指摘もある物質です。検出濃度は、まばらですが、意外と著名なペットボトルからも検出されることがあるそうです。特に驚くのは、国内産のペットボトルからも検出されていることです。意外と国内産も安全性が『??』なのかなと思ってしまいます!フレシャスウォーターでは、硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)が検出されていないわけですが、安全のために水道水ではなくペットボトルを飲んでいる方は、少し不安になりますよね!その点、フレシャスウォーターは、自宅まで運んでくれるし、意外と便利だなと思います。ちなみにウォーターサーバーの水でもメーカーによっては、硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)が検出されることがあるなんて話です!

タグ : 硝酸態窒素, 亜硝酸態窒素,

| フレシャス 評判 | TOP↑

ウォーターサーバーはどこも同じ!?

ウォーターサーバーは、どこも似たような感じですが、異なる部分について考えてみたいと思います。例えば、取り扱っている水が、天然水かRO水という違いがあります。中には両方の水を扱っています。水本来の美味しさでいえば、天然水です。ただし、最近は放射能汚染を気にしていることもあり、安全性の高いRO水も注目されているのも事実。なおRO水といっても、実際には水の味を調節するためにミネラル成分を添加しているものが主流。水の美味しさは、ミネラル成分と言われていますので、この方が美味しく感じられるようです。でも天然水とRO水を一緒に考えるには、適切じゃないですね。同じ水でも、その特性は対角線上に位置する関係ですから!やはりウォーターサーバーは、フレシャス 口コミのように評判などから選ぶ方がいいのかもしれませんね!

タグ : 天然水, RO水,

| ウォーターサーバー | TOP↑

フレシャスは赤ちゃんの粉ミルク用の水として使っても大丈夫?

水道水から放射性物質(ヨウ素、セシウム)が検出された問題で注意が喚起されているのが、赤ちゃんの粉ミルク用の水としてペットボトルを使うことです。

そもそも粉ミルクは、水道水を沸騰させて作ることを前提にしているケースが多いです。また粉ミルクには、赤ちゃんの成長に必要なミネラルを含んでいるため、ここに更にペットボトルなどのミネラルウォーターを使うと、ミネラルの成分のバランスを崩すことになるので良くないわけです。よくミネラルが多いと赤ちゃんに負担になるなんていわれていますから!さらに、ここで言われている粉ミルクに使わない方がよいミネラルウォーターとは硬水のことを指すそうです。

そこで代替として考えられるのがウォーターサーバーの水なわけです。フレシャスは、軟水になりますが、その中でも特に身体にやさしい超軟水(21度)になるので、赤ちゃんの粉ミルク用の水に使っても問題ないそうです。

タグ : 放射性ヨウ素, 赤ちゃん, 粉ミルク, 乳児用ミルク, ミネラルウォーター,

| フレシャス 赤ちゃん | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

seo great banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。